FC2ブログ

PlaystationVR到着

イエ─────ィ!!
台風が近づいてて僕のPSVRがビチャビチャになっちゃわないか心配だったけど、予定より早く到着したので早速今更レビューをしたためておきます!
対応ソフトの一部もサマーセール対象だったので色々試してる最中なんですが、その辺は追々書くとして今回は本体を未だ購入躊躇している人の参考になるように書きまとめられればと思います♪



PSVR内容物

スペックや接続についてはオフィシャルなんかで見ればわかるとして、買ってみて実感したのはやっぱり配線のとりまわしと置き場所について。少しだけ配線が簡略化されたとはいえ、カメラやUSBやHDMIに電源とケーブルが結構増える。
配線は一度してしまえばOKなんだけど、ヘッドセットは結構邪魔だったりしてw
ヘルメット1個を収納できる程度の場所が要るのは、一瞬困ったところでしたw



人喰いの大鷲トリコ VR Demo

セットアップも早々に、予めダウンロードしていた色々な対応ソフトを試していったんですが、一番PSVRの良きも悪きもを集約していたのが「人喰いの大鷲トリコ VR Demo」を体験して悟る事ができました。
ひとつ「画質が悪い」というネットの評判について、僕も予めスマホVRでどの程度の解像感か試して後の購入だったんですが、予想より悪かったです。
と、いうより対応ソフトに左右されるようで、トリコのように毛玉ファッサーだったり視界にオブジェがわんさかあるようなものは、かなり解像感が落ちてPS2ぐらいのグラフィックになってる印象でした。
スクリーンショットじゃわかんないのにねw



ただし、その世界観に居る感覚は物凄い臨場感!!
あきらかにそこに壁があるような感覚を受けます。トリコ導入部では上からひょっこり覗き込んでるトリコが居てるんですが、呼んで飛び降りてきた時のデカさには、言葉では伝えきれない驚きを感じました♪
わかってるけど「うおぉぉぉ~~~~~」ってありがちなリアクションしちゃいましたもん。
もうね!喉を鳴らして顔を擦り寄らせて来るんだけども、大人のボクが両手を広げて止めたくなる位の迫力なのですよw



移動は酔わない程度に配慮されてる感じ

三半規管がモロいゲーマーと自負するだけに、あきらかにヤバそうなタイトルは避けていたおかげか、今のところVR酔いはゼロです。ただその恐ろしさの片鱗ってのを味わったのもトリコでした。基本的に酔いにくいようにポインターに合わせて切り替え式の移動なのですが、トリコの背中に乗って飛び移ったりするシーンでは一瞬の浮遊感みたいな錯覚を感じたりして。
少しだけだったのでむしろ臨場感を感じただけだったんですが「あ~ これが続いたら酔うかもね~」みたいな覚悟をしたのでした。



スマホなんかにあるお手軽VRと大きく違うカメラを使ったトラッキングのおかげで、ちょっと崖の下を覗き込んだら落ちそうな高さだと感じたりできるのも面白いところ。ありえない高さのヘリに腰掛けて足をぶらぶらさせてるようなw臨場感はスマホVRなんかより予想以上の感動でした♪



エルトンジョンのLIVEもPSVRで観てみたんですが、その視界の映像量のおかげか臨場感はスマホVRよりしっかり感じる事ができました♪
もちろん本物のLIVEの熱さは感じられませんが、かなりいい席で観れてる感じ!カメラワークが動く演出すら僕には邪魔に感じましたもんw
ただこれについても解像感は少し落ちるのですよね~!これが残念!!HD映像に比べるとどうしてもエッジの甘さとかジャギーが出ちゃう。





ただしもっと高品質なVRを求めたとして、んじゃそれが今のPSVRぐらいお手軽になるまでどんくらい必要か?って思うと、ボクはそこまで待つ程無駄な体験じゃないと納得ができてます。
それもローンチ価格の5万円ではちょっと無理、今のカメラ付き3万ちょいでやっと「ちょっとした機能があるディスプレイ」程度に消化できる程度だと思ってます。



PS4のプレイヤーや他のストリーミングプレイヤーは概ね話題や期待通り。横30席くらいのマルチプレックス前列10席目のど真ん中を陣取ってプライベートシアターにしてる感じ。
ただしオヤツを食べながらの鑑賞やプレイはかなり支障があるから御注意を!!
まずドリンクはストローが無いとヘッドセットが当たって飲みにくいし。ポテチに至っては手探りで独り「二人羽織」になりますw



購入初日の触った印象はこんな感じでしょうか。解像度の問題は一部のVR対応ソフトのみPS4Proで解像度が少し改善されるらしいんですがwただでさえ少ないVRソフトの、さらに一部のソフトの少しの改善の為にってw
PS5の後半くらいなら液晶性能も上がってグラフィック問題とコストバランス取れたりしてますかね?

以上、PSVRの今更レビューでした★
各対応ソフトは又追々記録していきますね~♪




◎ランキングに参加中です!
良ければ景気付けにポチっとお願い致します(。-人-。)

にほんブログ村 スイーツブログ スナック菓子へ


画像を押していただけるとズィズィ!っと
順位と僕等のテンションが上がるかもしれないってヤツです。

クリック頂けてる方ありがとうございます♪

コメントの投稿

非公開コメント

PSVR!!

ついにきましたね!PSVR!

ガジェット好きな自分としては、開封画像に興味津々です!

で、最初に思ったこと。

「え、トリコVRめっちゃやりたいんですけど(真顔)」

トリコはガチのマジで普通に羨ましいす。

画像が悪く感じるのはHmd現行機では共通らしく、viveでもそう感じましたがじきに慣れます。
どうも機材性能やソフトの作り以外にレンズの「質」にも原因があるみたいで、自分が試した中では意外にもオキュラスGOが一番クリアでした。

「そこにいる感」は分かります!
まさにこれこそ「VR」の醍醐味ですよね!
VRを購入して結構経ちますが、まだ定期的に遊んでたりします。

酔いとゲーム性のバランスに関しては、今のところ結論として「その場から動かないタイプのシューティング」が一番楽しめてます。

等身大のゾンビなどがこちら目掛けて走ってくるのは非常に怖いですが。

移動しない分三半器官へのダメージも少ない感じです。

PSVRは特に三大hmdの中でもシアターモードに定評があるらしいので、そのあたりについてもまた気が向いたらレビューして頂けると嬉しいです!

ではでは楽しいVRライフを!




>黒猫さんへ

黒猫さん♪どうもありがとうございます~♪ヾ( ´∀`)

なるほど!レンズの質は盲点でした!!
全体的なVR品質としてはまだまだ発展途上で、グラフィックスペックや液晶、構成するレンズなんかは
たっぷり改善の余地が残されてるんでしょうね~!

この「そこにいる感」の表現の難しさは、それこそVR特有の普及の足枷でもあるような気がしますよ~!
だってボクはスマホVRでわかった気になってましたからねw
前に何かがある圧迫感とか広がる開放感とか浮遊感とかは、まさに体験しないと難しいですよね。

移動しないタイプが一番平和ですね♪(´゚∀゚`)b
ボクも思ってたより酔わないんで、あえて酔いそうなソフトをインストールしてみたんですが
チュートリアルで気持ち悪くなりましたww
僕に耐性ができたんじゃなくて、物凄く配慮されたソフト達だったと関心した次第ですw(^q^)
シアターモードについてはどの辺を注視すれば比較にいいのかわかんないので
もう少し調べて体験してからまとめようかと思います♪
ありがとうございます~!

んでは又VRネタの情報交換なんぞも宜しくお願いします!
プロフィール

リビッちょズ

Author:リビッちょズ
右のライオンリビッちょがJoe
左の羽根帽子リビッちょがmiyuki
面白いゲームに美味しいスナックに包まれて自堕落な生活をレッツエンジョイ☆
そんな訳で『がちゃもぐ』では2枚の舌と4本の親指で色々なゲームとおやつの味見をしていきます!
何かしらの価値を皆さんと共有できるといいんですが♪




▽リビッちょズ ミユキ▽
@gachamog_miyuki


Mail:gachamog(atmark)gmail.com

Gachamogはカテゴリーの近い方々の相互リンクを絶賛募集中です♪

にほんブログ村 スイーツブログ スナック菓子へ
にほんブログ村

リンク
ヒストリーオヴ・がちゃもぐ
ゲーム/映画 雑談別

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リビっちょズキニナール
人気ゲームタイトル
リンク元のご紹介
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる